偶然見つけたハル

『偶然見つけたハル』12話ネタバレあらすじ感想 キム・ヘユン|ロウン|イ・ジェウク

偶然見つけたハル公式サイトより画像引用:https://www.welovek.jp/haru/

『偶然見つけたハル』12話ネタバレあらすじ

「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」のストーリーを知るミチェ

ギョンはそのストーリーのことをミチェに聞く
物語の最終的な結末でダノと結ばれるのは自分なのかハルなのか?

その問いにミチェはいつもの冷静なミチェではなく声を荒げた。

「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」の切れ端を見たギョンは
ダノの「婚約破棄」というセリフを見て先に「婚約破棄だ」とダノに告げた。


ハルは図書館で「秘密」の表紙に描かれている紋様とキャンプのときに見つけたキーホルダーを見せた。
そこには同じ紋様

ハルはこの2つについて何か記憶があるのかもとダノに言った。


南北朝時代を描いた漫画「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」
その物語の中でもギョンとダノは婚約をしていた。
しかし、ダノはギョンの部下であったハルに心を奪われつつあった。

その漫画の中でもハルとダノは自我を持ち、自分がストーリー通りに動いていることを知った。
そして「シャドウ」での記憶があるハルとダノはストーリーとは別に二人の時間を過ごした。

そして、ハルはあの紋様の「飾り物(キーホルダー)」を贈った。


「秘密」の世界で
ハルはこの物語の前に別の物語があったとダノに告げた。
その物語は「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」だが…
ハルの記憶ではその物語ではダノとの記憶は幸せなものだけだったと言った。


ある日
病院で目覚めるダノ
ダノは手術を受けることに

そしてその帰り
父にギョンとの婚約を破棄すると告げた。

しかし、自分でもその言葉を口にしながら驚いていた。
一つは全く意識のなかったこと
これまでの設定が覆されること

何より少し前にギョンに婚約破棄のことを予言されていたこと

シャドウに入るとダノはギョンにもストーリーが見えるのかと聞く
ギョンはそれよももっと確実なものだと意味深な言葉を告げた


最近はジュダ(イ・ナウン)の様子がおかしい
いつもいじめられているセミ(キム・ジイン)たちに反発ばかりしている。

ドファはその様子が少し心配になる。


「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」の世界
ダノはここでもハルに心を奪われている。
ギョンからの告白を受けてそれを受け入れるストーリーだが
ダノは何かスッキリしない

本当に相手がギョンで良いのか…
自問するダノ
そんな時、ハルと会い、二人の気持ちが同じことを確かめた。
二人は幸せに思えるのだが….


「秘密」の世界では
ギョンがダノにプロポーズをする

ハルはそのストーリーを変えようと必死に動くが思うように体が動かない
必死の思いでハルはプロポーズの邪魔をする。
その結果、ストーリーが変わりギョンのプロポーズはなくなりストーリーが変わったように見える。

ハルははその後
過去の記憶を少し取り戻す
何者かに刺され左手を怪我する自分の姿
ハルはそのまま死んでしまったのか….

その物語の結末はまだ思い出せていない….

ダノもこれからのストーリーを見てしまう
手術室のベッドの上、危険な状態の自分の姿を見ていた….

『偶然見つけたハル』12話ネタバレ感想

ギョンの異母弟ペク・ジョンヒョンもこの世界が漫画の中だと知っていた。
そして、ストーリーを変えないことが一番ギョンが幸せになると意味深なことを言った。

ハルがストーリーを変えれば変えるほど、自身のことを追い込んでいるのか….