偶然見つけたハル

『偶然見つけたハル』10話ネタバレあらすじ感想 キム・ヘユン|ロウン|イ・ジェウク

偶然見つけたハル公式サイトより画像引用:https://www.welovek.jp/haru/

『偶然見つけたハル』10話ネタバレあらすじ

ハル(ロウン)の記憶が戻ったが、そのことでギョン(イ・ジェウク)は少し複雑な気持ちになっていた。

ハルは設定とは別に実はギョンもダノのことが好きなのではないかと問い詰めるがギョンはごまかす。
そのことで苛立ち、屋上でドラム缶を蹴飛ばすとそこには何か漫画のようなものの燃えカスがあった。

その漫画は以前見た「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」という漫画のページだった。

ギョンはその切れ端を密かに持ち帰り見てみると最近のダノや自分たちの行動と一致している。
「どういうことだ…」ギョンは不思議に思う。

その謎の秘密を探るためにギョンはミチェの元を訪れる。
この漫画は同じ作者の前の作品か?と聞く。
そして、終わった話の漫画をどうして燃やしたのか、何を隠しているのかと聞く。

ミチェの答えを聞く前にギョンは立ち去ったが、追求は続きそうだ。


一方、ダノとハルは恋人同士のようjに素敵な日々を過ごす。
あまりに幸せな日々にダノはいつも恥ずかしがっていた。

ステージではギョンの婚約者であるダノ
それでもハルへの気持ちであふれる。

そんなダノのことを見守るミチェ
「前作と一緒だ」とダノを見て感じていた。
前作とは「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」のことなのか….


突然のステージ
ギョンはダノに辛い言葉をかける。
ステージでの言葉はギョンの本心ではない。
それでもダノは毎回傷つくという。

そして、ステージが終わりシャドウになってギョンは弁解をしようとするがハルはギョンに厳しい言葉をかける。
そんなハルにギョンは声を荒げる。
その様子にクラスメイトが止めに入る。
その状況に今やハルは「主人公の装い」

本当はエキストラのハズなのに….
ギョンは不思議に感じていた。


ハルは不思議な夢を見た。
最近、時々見る夢
南北朝時代の物語
ハルはダノと結ばれる物語の夢


ギョンとドファ(チョン・ゴンジュ)はステージが変わる話をしていた。
どういうわけかハルの関わるシーンでステージを変わることがある。

そのことをミチェ問いただすと主人公でもステージを変えることはできないがハルは変えることができるようだとミチェは言った。
そのことが何を意味するのかはギョンは分からなかった。
ミチェもすべてを語ることはしなかった。


そしてある日
ハルはストーリーを変えようとダノに提案した。
ハルが本来は心臓の病で倒れるステージ
心臓の異常を知らせるスマートウォッチ

ステージが始まる直前
心臓の異変を知らせるアラームが鳴る。
ハルはそのスマートウォッチをダノの手から取りセミの手首につける。

それでもアラームはなり続けた。
ステージに必要なアラームだが実はダノの心臓とは関わりなく鳴っている。
そこにギョンが現れる。

本来ならギョンがダノを助けるステージ
ギョンがアラームの元に駆け寄るがそこに倒れていたのはセミだった。
そして、その隙にハルはダノを連れ出した。

ステージのストーリーを変えたのだ….

そして、ダノの症状は深刻に
入院をして検査をすることに

その様子にダノは心臓の具合があまり良くないことを悟った。


ジュダはナムジュの母に釘を刺されていた。
ナムジュの邪魔をするなと。
そして、身分相応ではないとも。

確かにジュダはナムジュの家の奨学金を受けて学校に通っている。
祖母の医療費も同様に援助を受けている。

身を引くように言われるがジュダはシャドウでは「おばさん、何も変わらないから」とナムジュを諦めないことを宣言した。
しかし、ナムジュには決別を宣言する。

ナムジュの本心はどちらにあるのか…?


ダノの容態が良くない。
ダノはステージで気がつくたびにカレンダーが進んでいる。
もう何日も学校に行けていない。

なんとか病院を抜け出そうとするがそのたびに新しいステージが始まり抜け出すことができない。

同じくダノのことを聞いたハルも病院に向かおうとするが走り出すと新たなステージが始まりいつもの教室のいつもの自分の席に座っている。
そして走り出すとまた新たなステージで自分の席に戻っている。
その繰り返し、ハルがどんなに願ってもダノのところにたどり着くことはできなかった。

ステージでギョンはダノの見舞いに花束を持ってくるがダノにとってはその花束よりもハルの方が大切だった。
ギョンのことを病室に置いてハルの元へと走り出した。
置き去りにされた花束を見てギョンは寂しい気持ちになる….


必死の思いで病院を抜け出したダノ
やっとハルと会うことができた。

二人は再会すると抱き合った。
そして、ハルは「好きだ」とダノに告白した。

そして、ダノはハルにキスをした。

『偶然見つけたハル』10話ネタバレ感想

ダノとハル

物語の主人公みたいになってきましたが、二人の関係が親密になればなるほどギョンの気持ちが痛々しくなります。

ギョンは自分の気持を押し殺してダノに接していますが、その思いは届くのでしょう。

そして、「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」の物語はどんな結末なのでしょうか。
この「秘密」のストーリーは「凌霄花(ヌンソファ・のうぜんかずら)」からの延長なのでしょう。

そのことを知るミチェはこの状況にどう対応していくのでしょうか。